【STEP INFO】2008年がやってきました。

新年明けましておめでとうございます。
といってももう1月も終盤に差し掛かっています……。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて年も明け、STEPスタジオ改修工事も着々と進んでおります。
それに伴い、〜2/3までの間、スタジオ1Fロビーが使用できません。
スタジオ1・スタジオ2ともに通常の出入口を閉鎖し、スタジオ正面玄関にて臨時入口のご案内をさせて頂いております。
ご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願い致します。

なおプレストーンですが2/1にOPEN予定となっております。

【music】“世界で最も美しい音を奏でるバンド!”シガーロス

今回紹介するアーティストはアイスランド出身の
ポストロックバンド“Sigur Ros(シガーロス)”

もうすでにご存知の方もいると思いますが…
この寒い時期に是非聞いてほしいアーティストです!
個人的には暑いときにはあまり聞きたくないです……
というのも、綺麗なんです!音楽が!
美しいです。

メンバーは、ヨンシー、ゲオルグ、キャータン、ディラソンの4人。
ヨンシーのきれいなヴォーカルとボウイング奏法で奏でられるギター!
が聴きドコロ!!
“世界で最も美しい音を奏でるバンド!”と紹介されるだけあって
彼ら独自の世界観がいろんな所で垣間みれます。
暗いところに入る一筋の“光”とでもいうのでしょうか……。
「暗い−明るい」、「静−動」みたいな変化が、1曲の中で時間をかけて
ゆっくり変化していきます。
2007年にアルバム「HVARF/HEIM」(\2800)
DVD「HEIMA」(\4800) をリリース。

DVDは、地元アイスランドでのフリーパーティーのライブ映像が入っており、
彼らのリラックスした感じが納められていてオススメです。
この寒い季節に一度おためしあれ。寒いのが嫌じゃなくなりますよ!

【SHOP】 まるしん(韓国焼肉・鍋料理)

焼肉。天満界隈には多くの焼肉屋があります。安い店から高い店までさまざま。
幸いこのあたりのお店は、はずれることなくどこもおいしい。
その中でも最近の一押しが「まるしん」!!
天満市場の北側に隣接するこのお店は韓国焼肉と鍋料理がメインのお店。
全てのメニューが絶品といっても過言ではありません。
その特徴は、どのお肉も分厚い!そしてやわらか〜い!
ちなみに写真はタンシオです。この分厚さ・・・幸せっす。


タレ焼きもおいしいのですが、付け塩がまた旨い。
唐辛子を混ぜ合わせている塩は、色がピンクで辛さも程よい。
タレと塩。どちらもお試しあれ。
近くにお寄りの際は是非「まるしん」へ。まじうまいっす。

【INDIES】トレーニングボイジャーじゃぁ。

でお送りするゲッターロボ的多面体ピアノンロックバンド 「トレーニングボイジャー」じゃよ。

?〔瓦呂任辰?くびわ湖放送買収!の石田ストーン
?⊃製亠緩廚離泪襯?
??食う、寝る、出すのいたやま
?な△亙?身1万ボルト、肩には悲しい鉄ボルト な、なかい

以上のメンバーでお送りしております。

でもさ、ライブ中にキーボードを足で弾くんですよ、この人。
でもさ、好きやし。
でもさ、音楽はいたってストレートだし。
なんとなくええ温度ですし。

というわけで トレーニングボイジャー「ルフラン」 試聴は→→

【After Word】2月

もうすぐ節分の季節です。
節分の語源は「季節を分ける」ところから来ていて、
もともとは立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日のことだったそうです。
その中でも、冬から春へ移り変わる時期が一年の境として考えられ、
現在の形になったとか。

つまり、
冬はもう終りだそうです。
皆さん、春が来ます!
雪見てないのに、
春が来てしまいます!

ちなみに今年の恵方は南南東です。
節分の日には無言で太巻きを丸かぶりしましょう。
そして願い事です。
そしたら雪ふります。

というわけで、次号は2/20頃配信予定です。
配信停止希望はコチラ>>

【STEP INFO】来たぜ!年末!!

ほんと早いもので、2007年もあ〜っという間に幕を閉じようとしています。

今年は、夏の火災で関係各位の皆様には大変ご迷惑をお掛けし、また同時に沢山の応援を頂きました。災難でしたが、とても大切な経験が出来ました。

その火災からおよそ4ヶ月、現在4階、5階を完全改装中です。またプレストーンの新スタジオも南森町で着実に準備が出来つつあります。来年にはきちんとした形で、皆様にお披露目できますので楽しみにお待ち頂ければ幸いです。

では、残すはあと10日ほど、最後まで宜しくお願いいたしますっ!!

【MUSIC】注目アーティスト Maia Hirasawa

聴く人をハッピーにさせるハートフルなポップがインディファンのみならず
全国区な人気を獲得し、本国スウェーデンではアルバムのリリースと同時に
「’07年最大のニューカマー」として注目され、爆発的な勢いでその名前は知られていく。
日本×スウェーデンのハーフのアーティスト

Maia Hirasawa(マヤ ヒラサワ)

これまで様々なバンド(おもにジャズバンド)で、歌唱や作曲の腕を磨き
ギターをはじめ、いろいろな種類(約100種類との説アリ)の楽器もマスターしていて、
全ての楽曲は彼女自身によるソングラインティング、さらにプロデュースとアレンジ、
レコーディングも手掛けている。
こうして完成したデビューアルバム『Though, I’m Just Me』は、一度聴いただけで惹きつけられるようなどこかクラシカルなメロディに溢れた良質のポップアルバムになってます。
デビューからわずか数ヶ月、マヤはインディポップの枠を超えて全国区な人気を獲得、女性誌『Hennes』では「2007年の女性」に選出され、音楽界のみならずモード界をも巻き込んで大きな話題を集めています。
スウェーデンi-tunes総合ランキング1位!スウェーデンNO.1の新人、マヤ・ヒラサワ
父親の国・日本に上陸です。
この寒い時期に心を暖かくしてくれる、Maia Hirasawa 是非一度聞いてみて下さい。