【Indies Power】初田悦子

「母として、女性として、人として、
一人のミュージシャンとして、歌いたい歌がある。
出会う人の心を温かくする歌を、歌い続けたい。」

そんな想いを胸に精力的に音楽活動を続けている大阪府出身のボーカリスト、
初田悦子さん。

シャンソン歌手である母の影響を受け、歌手は子供の頃からの夢。
18歳の頃から本格的に活動を始め、25歳で出産した後は育児に専念する日々を過ごしますが、
夢をあきらめきれず、愛する者を持った強さが歌手としての糧になると信じ、
現在は専業主婦との両立をされています。

日本テレビ系のオーディション番組「歌スタ!!」に出演した際、プロデューサー鎌田雅人氏と出会い、
2009年2月発売した「きみのママより」は、自身が作詞した我が子に対する感謝のメッセージがリスナーの共感を呼び、
同年2月の有線問い合わせチャート1位、CDは2万枚セールス・配信は20万DLを記録しました。

2011年にはライブ活動で歌い続けてきた名曲「僕らのラララ」がCD化されています。

やはり、初田さんの魅力が一番に伝わるのはやはりライブ。

以前メルマガで紹介した、わたなべゆうさんの2012年のクリスマスコンサートで
ゲスト出演されており、初めて、初田さんの歌声、絵本の読み聞かせを聴きました。
そのコンサート自体本当にすばらしいものでしたが、中でも初田さんの歌声は、
会場全体が柔らかくも力強く包まれ、一体感が生まれた時間となりました。

元々持っている初田さんの声の美しさに加え、
優しさと強さを併せ持つ「母性感覚」が全身から溢れています。

関東・関西を中心に音楽活動を続けているので、HPをチェックして、
是非ライブで多くの方に体感してほしいと思います。

★Official HP
http://hatsutaetsuko.syncl.jp/

★CD「僕らのラララ」 zsrj-002  price/\1,000

01. 僕らのラララ
02. 忘れてね
03. KISSのうた
04. 空に
05. 僕らのラララ(Reprise)

記事一覧