Shop in Azabu

【Shop in Azabu】 アレ フランス・カフェ ダリア

昨夜は飲み過ぎた、今日のお昼はパンとコーヒーで軽くがいいかな、

出来ればオープンな雰囲気の店でゆったりしたいなぁ、

という時に!是非利用して頂きたいベーカリーをご紹介します。

 

地下鉄麻布十番駅から徒歩3分、1番出口から麻布通りを南へ、

二の橋の交差点を右に折れすぐの交差点にあります

「アレ フランス・ カフェ ダリア」 

(そこから北へ150mほどで弊社です)

外観はシックな赤で、フロントスペースにはグリーンとテラス席。

中に入ると右手には焼き立てパンがずら~り。

サンドイッチや調理パンも豊富なので、ランチとしても充分満足できる品ぞろえです。

 

ある日のランチ、スタッフと共にテラス席で過ごさせて頂きました。

セレクトしたのは、パンダのキャラクターパン、白身魚の調理パン、黒ゴマきなこクリームフランス、

そして、きゅうりレーズンバターサンドとカフェオレ。

美味しいパンはたくさんあるのです、あるのですが、敢えて!敢えてこのパンをオススメしたい!

「きゅうりレーズンバターサンド」

ん~!見た目が地味~。

しかしながら驚きの旨さ!なのです!なんというコンビネーションの巧さ!なのです。

きゅうりのさっぱり感とレーズンバターのこってり感が絶妙にマッチしているのです。

レーズンが苦手な方、きゅうりが小さい頃から嫌い~という方には背中が震える一品ではあります。

が、しかし、この美味しさは是非体験して頂きたい。キューカンバーサンドイッチと言えば、

英国貴族が紅茶とともに、なのでしょうが、これはレーズンバターの味が濃いので、

ウイスキーやワインとの相性が良いと思われます。

買って帰って夜にお酒と、、、が正解かもしれません。

 

テラス席でおおいにパンを堪能した我々でしたが、これから季節が進むとテラス席は

少し寒いかもしれませんね。

店内のカフェスペースも窓が広く開放的なのでゆったり出来ますよ。。

窓際はカウンター席になっているのでひとりでも入り易いレイアウトになっています。

個人的に好きなのはこのあたり。ぼんやり出来ます。

このお店に行くといつも「心地良い懐かしさ」というか、「どっしりとした安心感」というか、

要するに「なぜか落ち着くなぁ」と思っていました。

その謎が、お店の方に創業時期を聞いて解けました!

何と開業が1947年!創業71年!おしゃれな外観なのでそんな老舗だとは思いもよらなかったのです。

なるほど、この場所に根を張った長い歴史のお店だからこその空気感だったのですね。

焼き立てパンとコーヒーでゆったりしながら、麻布十番の時の流れも感じてみる、

というのも一興なのではないでしょうか。

 

(お店情報)

「アレ フランス・カフェ ダリア」

(麻布製パン株式会社)

 

東京都港区南麻布1-5-6

営業時間:7:30~18:00(カフェスペースは17:30まで)

定休日:日曜・祝日

電話番号:03-3451-3422

 

   (フクイ)

【Shop in Azabu】「DUMBO DOUGHNUTS AND COFFEE 」

 

時代はインスタ映え・・・

 

SNSを中心に、とにかく近年「写真映え」というものがはやっていますね。

街のいたるところに「フォトジェ」や「インスタ映え」という言葉が見られます。

 

ということで!!

本日私も時代に乗って「映え」を経験すべく

ベリー可愛いお店を麻布十番でみつけたのでご紹介します。

 

「DUMBO DOUGHNUTS AND COFFEE 」

 

 

麻布十番の1番出口から徒歩1分。

店内はフォトジェニックなピンクとグレーの配色で、

可愛い…(震)

 

 

私は「マシュマロチョコレートラテ」というドーナツと

「アイスカフェラテ」を注文。

ホットにするとハートのラテアートをしてもらえるみたいです。

 

 

…ではなぜ私が「アイス」を選んだか…

それはただこの日が暑かったわけではなく…

「インスタ映え」の写真を撮る為…!!

 

 

 

カップの上にドーナツを乗せたこの写真こそ、インスタ映え…!!

か、可愛い…!!

 

それからそれからソレカラ!!

DUMBOは見た目だけでなく味もおいしい…!!

 

 

 

このドーナツ、ホームメイドにこだわってお店で丹念にこねあげられたDUMBO秘伝の生地は、表面はサクッと中はモチッと。

両手で持ちたくなるボリューミーな見た目とは裏腹に、少量ずつ揚げた出来立てのドーナツは、優しい甘みであっさりとしているのが特徴。

常時10種類以上の上品なグレーズソースによって彩られた、大人の味わいのリッチなNYCドーナツです。

もう響きさえ可愛い。可愛い。

 

コーヒーは、京都ARABICAから直接仕入れるオリジナルブレンドのコーヒー豆をはじめとしたコーヒー&エスプレッソメニューが豊富。

コーヒー豆の味をしっかりと感じられる、濃くて力強い味わいのコーヒー…!!

 

 

可愛くて美味しいなんて最&高じゃないですか…?

 

 

 

 

 

ドーナツを頬張りながらさっき撮った写真を見返していたら

隣でブラックコーヒーを飲むちょっと大人でお洒落な彼が

「ほら、これも可愛いよ」と見せてきたスマホ画面に

インスタ映えの写真を一生懸命撮る私が写っていて

「ちょっとー!いつ撮ったのー!」とか言いながらも

こっそり私の写真を撮っていた彼にボンババボンする

以上、甘いインスタ映え(妄想)デートは猛暑によってどろどろに溶けて消えたので

この日は一人で行きました。笑

 

が、一人でも入りやすくて店員さんも親切…!!

ドーナツはお持ち帰りもできますので(入れ物も可愛い…!!)

ぜひぜひ行ってみてくださいっっ!!

 

 

(片岡)

 

 

【DUMBO DOUGHNUTS AND COFFEE】

[住所]

東京都港区麻布十番2-17-6 1F

[TEL] 

03-6435-0176

[営業時間] 

9:00 – 19:00(年中無休)

[定休日]

年中無休

【Shop in Azabu】十番のおばちゃん

本日紹介するのは「十番のおばちゃん」という隠れ家的存在の定食屋さんです!

麻布十番商店街の「EAT MORE GREENS」の路地を進み…

30mくらい進んだココです!

…ココです!!!(大事なことなので2回言いました)

飲食店…?と一瞬疑ってしまうような佇まいですが、紛れも無く飲食店です(笑)

メニューは肉系・魚系色々あり、その日の気分で少し変わったりもします。

基本店主のおばちゃんの気分次第なので

味噌汁が辛めだったり、ご飯が少し多かったり、行く度に違う所がこの店の特徴です。

そしてお店に入ると2階に通されるのですが、お水は手渡しされます。自分で運ぶスタイルです。

1階は3席ほどのカウンターのみなのですが、物凄く狭い!物凄く狭い階段を上り2階に上がると…

やっぱり狭いテーブル席が6席ほどあります。

いやほんとに狭いです。僕は何回か頭ぶつけました。痛いです。

お昼時はここが満席になっていますが、少し時間をズラせば空いているので

テレビを付けてまったりとできるスペースへと変わります(笑)

煙草も自由に吸えますので、喫煙者にはありがたい仕様になっています。

 

ここまでお店が狭い話しかしておりませんが、

おばちゃんが愛情をこめて作ってくれるご飯は絶品です。

今日は唐揚げ定食を頼みました。

ボリュームたっぷりです!

ご飯の量が多いので小食の方はご飯少なめにする事をお勧めします。

こんな物が食べたい!とリクエストすれば作ってくれることもありますので

おばちゃんに是非相談してみてください!

夜は居酒屋としても営業していますので、気になった方は是非行ってみてくださいね!

(鈴木)

 

【十番のおばちゃん】

[住所] 東京都港区麻布十番2丁目1−13

[TEL] 03-6453-8229

[営業時間]11時~24時頃(おばちゃんの気分)

[定休日] おばちゃんに予定がある日

【Shop in Azabu】DALIAN 大連餃子基地 麻布十番店

今回ご紹介するのは、こちら!

地下鉄南北線麻布十番駅の1番出口から出てすぐ右に入り、

2本目の路地を左に曲がると右手に見えてきます。

「DALIAN~大連餃子基地~」さんです!

 

過去の記事で見かけた方もいらっしゃるかもしれませんが、

過去の記事には載っていない、とても魅力的なメニューをご紹介いたします!

テラスがあり、おしゃれな雰囲気でいいですよね~!

 

     

沢山メニューがあり迷いますね~。

とてもおいしそうなので、全メニュー制覇したいです!

 

今回私が頂いたのは、こちら!

焼餃子セット!

私はこんな餃子初めて見ました。

羽が一枚ではなく、網目状になっているんですね~

食感は想像以上にぱりぱりで、ほんのりこんがりおいしく、少し甘みがありました。

そして、主役の餃子はとてもジューシー!

でも、全くしつこさはなく最後までおいしくいただきました。

一度食べたら、また食べたなる。そんな味でした。

 

そして、こちらは一緒にお店に行った、スタッフが注文しました、 

水餃子セット!!

+100円でご飯をミニチャーハンに変更できるとのことだったので

こちらは、ミニチャーハンにしたようです!

水餃子をひとつもらいましたが、

一口で食べないと飛ぶ危険性があるくらい肉汁たっぷりでした。

焼餃子も水餃子もとてもおいしかったです!

 

そして、このお店で一番といってもいいほど衝撃をうけたのは...

こちらの杏仁豆腐です!!

好き嫌いが分かれやすい杏仁豆腐ですが、

これを嫌いだという人はいないのではないかと思うくらい

魅力的な味でした。

とろっとしていて、まろやかな甘みでとてもおいしかったです。

 

今回このお店に行くのは2度目なので、

前回行った時の写真も載せておきますね。

油淋鶏セット

皮はパリパリで甘いたれが食欲をそそります。

 

麻婆豆腐セット

今回同様一緒に行ったスタッフが注文したメニュー。

とても辛そうでしたが、おいしいと完食していました!

 

ステップ東京オフィス・麻布スタジオにお越しの際は、

是非是非、お立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

 

【DALIAN~大連餃子基地~】


[住所] 東京都港区麻布十番3-6-2 NS麻布十番ビル1F
[TEL] 050-5265-5331
[営業時間]月~日・祝日
11:00~24:00(L.O.23:00)
※テラス席は21:30L.O. 22:00 close 
ランチ 11:00~15:00(L.O.15:00)
[定休日] 12月31日、元日

 

(ムライ)

【Shop In Azabu】京寿々

今回ご紹介します麻布十番のお店は、
うどん屋さん「京寿々」になります。

京風を売りにしている事もあり、
品の良い佇まいです。

メニューは表にも出されており、
分かりやすいです。
中は落ち着いた木の空間で、
とても居心地良い雰囲気でした。

メニューはこのような感じです。

やはり京風うどんを、と思いつつ、
ランチセットを頼んでみました。

ちょうど良いボリューム感のセットです。
うどんはカツオ出しがしっかりきいてて、良い味でした。
どうしてもお店の料理は濃い目な所が多いですが、
胃にやさしいテイストでしたし、
最近飲み続けで、疲れていた私自身のカラダに
とてもマッチしました。

2Fの半個室もあり、ゆっくりと話すのも良さそうです。
また、コンセント・Wifiが常備されており、
長時間滞在してしまいそうです(笑)

駅からとても近いので、
皆様もよろしければお立ち寄り下さいませ!

 

【京寿々 (キョウスズ)】
[住所] 東京都港区麻布十番1-9-3 第2フジヨシビル 1F
[TEL] 03-6673-4033
[営業時間]
ランチ  12:00〜14:00
ディナー 18:00〜23:00
[定休日] 日曜

(ナルセ)

 

【Shop In Azabu】中華料理 大宝

今回ご紹介する麻布十番のお店は「中華料理 大宝」でございます。

この佇まい。
龍はいるわ、暖簾はひっくり返っとるわと荒々しいです。
こちらの「大宝」さん、昭和33年創業の老舗も老舗の有名店。
意外にもこのメールマガジンで一度も紹介していなかったようです。


壁にびっしりと並ぶメニュー。人気のメニューはタンメンでございます。

わたくしも例に漏れず、ここのタンメンが大好きでございまして、
いつもお店に到着するまでは何か別のものを食べてみようかなと思いますが、
本日も席につくと口から出たのは「タンメン」。
実はここではタンメンしか食べたことがございません。


大宝の全てはこの空間から生み出されます。まるで宇宙のようです。

あの鍋蓋の上に漬物石のように置かれた麺を私が食べるのかしら、
なんて考えながら、また壁のメニューをぼんやり眺めていると、


たっぷりの野菜、黄金色のスープ。さあ食えと言わんばかりの姿で登場しました。

このタンメン、まずスープがかなりうまい。そしてとても塩辛い。
冷水機の要領で部活終わりよろしくガブガブ飲んだら完全にぶっ倒れますが、
レンゲで何度も掬って飲まずにいられないような絶妙なコショウ具合です。
しっかりと歯ごたえのある野菜と程よく茹でた麺に、このとんでもないスープがバッチリよく合います。
泡般若の誘惑に負けそうになりながらも、それをスープでごまかすようにして
文字通り一滴残らずいただきました。やっぱりうまい!

まだ行ったことがない方は是非行ってみてはいかがでしょうか。
有名人が訪れる同じ並びのラーメン屋もおいしいですが、こちらもかなりおすすめです!

【中華料理 大宝】
[住所] 東京都港区南麻布2-7-23
[TEL] 03-6459-4376
[営業時間]
ランチ  12:00頃〜14:00
ディナー 20:00頃〜22:00
[定休日] 土曜・日曜・祝日

(モリグチ)

【Shop In Azabu】麻布 楸(ひさぎ)

本日は麻布の隠れ家的なレストラン、
楸(ひさぎ)をご紹介します。

大通り沿いにこんな看板がありまして、

「本物の黒い洋食カレー」とはなんだろう?
と興味を惹かれ、入ってみました。

お店は2Fで分かりやすく看板が置いてあります。
麻布十番駅改札口から、徒歩5分程(1番出口から徒歩1~2分)です。

階段を上っていくと品のあるドアがあり、
こちらが楸のお店にになります。

座席は8席と少なめですが、大きなテーブルがあり、
ローズ色のカーテンとシャンデリラも飾ってありまして、
とても雰囲気が良いです。

夜は牡蠣料理専門店という事で、ランチも
カレーと牡蠣が押しの様でした。

おすすめに乗って牡蠣入りカレーを注文してみます。

まずサラダを頂きました。
ドレッシングにビネガーがしっかり効いてて、
美味しかったです。

そしてカレー。
牡蠣入りは初めてでしたが、甘みが素晴らしい。
カレーはどちらかというと甘めで、欧風カレー的な
味わいです。独特のコクがありまして、
美味しかったです。
ちなみに大盛りも無料で可能です。

いかがでしたでしょうか?黒いカレーは美味しいと思いますし、
こだわりのある牡蠣が想像以上に質が高く、
夜もメニューのバリエーション多いのでおすすめです。

牡蠣とカレー好きの方は是非行ってみてくださいませ。

【麻布 楸(ひさぎ)】
[住所] 東京都港区麻布十番2-16-9 網代ビル2F
[TEL]03-3451-1654
[営業時間]11:30~14:00(L.O.13:40) 18:00~23:00(L.O.21:30)
[定休日] 日曜・祝日

(成瀬)

【Shop In Azabu】生駒軒

本日紹介するのは芝にある中華料理屋「生駒軒」です。

麻布十番からは少し離れており最寄駅は芝公園駅ですが
歩いていけない距離ではありません(今の時期暑いので大変ですが…)

この赤い看板が目印です。

この地域は芝辛ストリートと呼ばれ
商店街復興の為様々な激辛料理が集まっています!!

どのお店もかなり辛いです。
そんな中でも辛党を自負する私が辛すぎて驚いたお店がこの生駒軒です。

何と辛い料理はタンメンです。担担麺ではなくタンメン…?
と思う方も多いでしょうがタンメンです。

1〜5まで段階があり、お店の人には1辛をお勧めされましたが
ここは強気に4辛にチャレンジ!(5辛は流石に怖く断念しました)

いやこれには正直びっくりしました。
見た目は普通の美味しそうなタンメンなのですが
一口食べると口全体が激しい痺れに襲われます。

野菜がここまで甘く感じたのは人生で初でした。
塩ベースのスープや豚の旨みは染み出てますがとにかく辛いです!

色々調べてみるとこのタンメンには
ハバネロの10倍の辛さのジョロキアという唐辛子の粉末が使われおりました。
(タバスコに使われる原料、ハラペーニョの約800倍…(;_:))

汗だくになりながら何とか完食…!
スープを飲み干せなかった激辛料理は人生初でした…悔しい。

完食後にはアイスを貰えるのですが
このアイスは最早何の意味も無しませんでした。

夏の暑さをブッッッッッ飛ばしたい方は是非お試しくださいませ。笑

勿論普通のメニューもありますよ。

こんな感じで各地の激辛巡りが好きなので
激辛好きな方は東京事務所の鈴木までお声かけくださいませ。

【生駒軒】
[住所] 東京都 港区芝2-28-18
[TEL]03-3451-1654
[営業時間]11:00〜21:00
[定休日] 日曜

(鈴木)

【Shop In Azabu】nest

今回お邪魔した麻布十番のお店は「nest」でございます。
弊社から徒歩2〜3分の路地にある隠れ家的なお店です。
かなり見つけにくいです。

「nest」さんはこちらの建物の3階にございます。ランチは12時〜15時で営業しています。
今回13時ごろにお邪魔いたしましたが、大変繁盛しておりまして、
運良くギリギリ最後の1席に案内していただけました。

カウンター5席、テーブル4卓程度の清潔感のあるこじんまりとしたお店です。
ランチタイムはオーナー1人で切り盛りしているようです。

ランチメニューは3種類で週ごとに入れ替わっているようです。

今週のメニューは
A. 黒豚ローストポーク おろしポン酢
B. 桜島鶏もも肉のキムチ炒め
C. 和牛肉のハヤシライス   の3種類でした

全メニューサラダとドリンクが付いて1,000円となっております。

鹿児島で食肉卸業を営んでいるオーナーの実家から送られてくる食材を使用しているため、
鹿児島産の新鮮な料理が楽しめます。

わたくしは今回Aセットを選びました。

いただきます!

鹿児島産の黒豚ですが、柔らかくてトロトロ。
ガーリック風味のおろしポン酢と黒豚の組み合わせが最高でございました。
ベストカップル賞です。
溢れ出る脂もまた上品な味をしておりまして、すこし病みつきになりそうです。
そして写真では何てことないつ付け合わせにう見えるサラダですが、これもまたうまい。
新鮮でシャキシャキ、絡まったおろしポン酢と一緒にたっぷりいただきました。
窓際の席で優雅に食べている自分に惚れそうになりながら、完食いたしました。

セットのドリンクにはアイスコーヒーを頼みました。

蜂蜜、ミルクとともサーブ。

おなかが満たされて、ぼーっとしながら何気なく飲んでみたところ、、、
うまい!豆がうまい!
後味にほどいい酸味と豆の旨みがドン!と残るこれぞコーヒーという味。
こちらのコーヒーですが、なんでも渋谷にある「ロストロ」というコーヒーブランドの
焙煎師が煎ったコーヒー豆使用しているのだそうです。


鹿児島産の美味しい食材を使った料理を
ジャズが流れる落ち着いた空間で是非楽しんでみてください。
コーヒーも飲んでいただきたいです。リフレッシュ出来ること間違いないです。
オススメです!

【nest】
[住所] 東京都 港区麻布十番3−1−9 319ビル3F
[TEL] 03-6459-4376
[営業時間]
ランチ  12:00〜15:00(L.O.14:30)
ディナー 18:00〜27:00(L.O.25:00)
[定休日] 毎週月曜日+土曜のみ18時〜営業
[ホームページ] http://r.goope.jp/nest
[Twitter] @nestAzabu10ban