After Word

【After Word】8月

私はかなり汗をかく体質ですので、
この季節はタオルが欠かせません。
家を出て駅に着き、電車が来るまでに汗でビチャビチャになった顔面を拭おうと思い、
カバンに手を突っ込んでみるもののタオルが出てこず、家に置いて来てしまった事に気がつき、
楳図かずおの恐怖マンガの顔みたいになりそうになる事がたまにあります。

夏と言えば怪談ですね。
なぜ夏に怪談話やホラー映画が取り上げられるのか。
ルーツは江戸時代にさかのぼるようです。
暑さのせいで客入りの少ない芝居小屋で歌舞伎が「涼しみ芝居」として
お岩さんなどで有名な四谷怪談などの演目を上演したのが始まりだと言われています。

私はまだ小学校に入る前くらいの頃に父親にねだって、「なんとかアニメフェア」というような
アニメ2本立ての映画を見に連れて行ってもらったのですが、上映開始時間を間違えてしまい
見る事が出来ませんでした。替わりに父親が独断で選んだのが(子供向けの)怪談映画でした。
何故私に選ばせてくれなかったのか。しかも最前列という呪いと恐怖に一番近い席。
上映時間の8割は手のひらで顔を覆い、タイミングをうかがって指と指の隙間から
鑑賞していました。その隙間から見えた和式便器から腕が出てくるシーンや
大女優が首を縦横無尽に伸ばす姿を夏になる度に思い出します。
夏の思い出です。

今月も読んでいただきありがとうございました。
次回は9月上旬に配信予定です。
お問い合わせ、配信停止希望はコチラ>>

【After Word】7月

さて、早いもので今年も6か月が過ぎました。
時間の流れが早く感じると歳も重ねたと実感しますが、
長すぎると感じるぐらい嫌なことも無いのも幸せかな!?っとポジティブに変換できるぐらい大人になりました。

7月といえば、
祇園祭に七夕、土用の丑の日に海開きに山開き、そして弊社の近くでの天神祭り。
今月も日々の業務以外にも盛りだくさんですのでアッと言う間に過ぎて行きそうです。

最後に音プロらしく昭和16年に発表されました七夕の歌「たなばたさま」を解説させて頂きます。

作詞/権藤はなよ 補作詞/林柳波 作曲/下総皖一

ささの葉 さらさら
のきばに ゆれる
お星さま きらきら
きん ぎん 砂子
五しきの たんざく
わたしが かいた
お星さま きらきら
空から 見てる

歌詞の「のきば」は漢字で書くと軒端。
日本家屋で飛び出している屋根の部分を「軒」、端っこの「端」
つまり軒先に飾った笹が揺れている情景を表しております。

「きんぎん砂子」は、金や銀を細かい粉にしたもののことです。
たくさんの星がきらきらと輝く天の川を、金や銀を細かい粉にして散りばめた様子に例えたと思われます。
天の川を本物の川とみたてて、川にある砂という言葉を使ったのかもしれませんね。

「五色の短冊」の「五色」は中国から来た「五行」という考え方(万物は木、火、土、金、水の5種類の元素からなるという説)に由来する色、青、赤、黄、白、黒の事だそうです。
七夕発祥の中国では五色の紐を飾るそうです。
ちなみに短冊は日本のみの飾りだそうです。

今月のメールマガジンはここまで!
次回は8月上旬に配信予定です。
お問い合わせ、配信停止希望はコチラ>>

【After Word】6月

6月はジューンブライド、梅雨、紫陽花、父の日‥‥など、
そこにまつわる事がたくさんあるように感じますが、
他の月にあって、無いものがあります。

それは「祝日」です。
6月には祝日がないんです。

ゴールデンウィークから海の日(7月の第3日曜日)まで、2ヶ月以上も祝日がありません。

ちなみに8月も祝日がずっとありませんでしたが、
今年、2016年から8月11日が「山の日」になる事が決定しています。
そもそも学生達は夏休みですし、お盆休みもありますし、
そんな印象は無かったかもしれませんが。

本当は最初、6月第1日曜日が多くの山開きが行われるので、
「山の日」の候補だったそうですが、
まとまった休みが取りにくく、かつシーズンではない事と、
さらに地域の気候によっては山開きが出来ない所もあり、
NGになった模様です。
なんだか可哀想な月ですよね。

そこで!
もしも6月に祝日を作るのならば、こんなのはいかがでしょう?
と勝手にご提案させていただきます。

まず、ジューンブライドと言われる月ならば、いっそのこと、

「結婚の日」

なんて作ったらいかがでしょう?
二人が出会うに掛けて、6月第2日曜日を候補として。
振替休日にもなれば、二次会含めて心ゆくまで祝いの時間を堪能出来ます。
仕事に迷惑かからず、プチ新婚旅行(?)の計画など、出来るかもしれないですね。

もしくは、6月6日がろくろ首のイメージで、

「肝試しの日」

これはイメージも無く、斬新かもしれませんが、夏が本格的に始まる前にこんな日を
設定してしまうのもアリなのでは、と。普段足を運ばなかったお化け屋敷も縁起の日だし、
行ってみようかな、と思うかもしれません。でも祝日なのに気分は休まらないですね‥。

あとは、6月9日、これは決まりですよね。

「ロックの日」!

これは音楽屋としての願いも込められておりますが、ロックを愛して祝日にしてしまおう、
そのくらいの意気込みがあっても良いのではないでしょうか?
ロックだけに向き合う日、音楽が24時間街中に流れ続ける日、ゲリラライブを行っても
誰にも怒られない日、そんな日があっても良いのでは、と。

すみません、勝手に妄想してしまいましたが、
楽しんでいただけましたでしょうか??
6月にも是非とも祝日が欲しいですね。
いつの日か出来る事を心待ちにしております。

しかしながら、急なお仕事のご依頼とあらば、祝日であろうとどこにいようとも、
全力で期待に応える仕事をしたい!と思っている所存ではありますので。
今後共ステップをどうぞよろしくお願い致します。

次回は7月上旬に配信予定です。
お問い合わせ、配信停止希望はコチラ>>!

【After Word】5月

冒頭のSTEP INFOでも書きましたが今回の熊本県の様に日本は地震大国です。
備えあれば憂いなし。
転ばぬ先の杖。
地震は忘れた頃にやってくる。
とも言いますので最新の防災グッズを紹介したいと思います。

まずは、「NOPOPO」

水を入れると使える乾電池。
水以外でもコーヒーやジュース、尿でも発電可能。
20年間の長期保存が可能。

次に「MIZU-Q」

魚が居る水、又は魚が棲める水ならば飲料水に変換可能な持ち運べる浄水器。
これ一本で100リットル、コップ500杯の水が飲めます。

そして「湯沸しBOX」

水を入れるとお湯になります。

災害への備えは万全でしょうか?
私もこの機会にもう一度見直してみようと思います。

次回は6月上旬に配信予定です。
お問い合わせ、配信停止希望はコチラ

【After Word】

今月のメールマガジンいかがでしたか?

さて4月と言えば、桜が咲き、新生活が始まり…と大きな変化が訪れる月。
突然ですが4月14日は何の日かご存知でしょうか?

正解は…

日本の風習にはありませんが「ブラックデー」です!

これは韓国に伝わるもので、バレンタインデーやホワイトデーで
何も貰う事が出来なかった人たちが黒い服を着て集まり、
チャジャンミョン(韓国風炸醤麺)を食べたり、ブラックコーヒーを飲む日とされています。

黒と言うと少しネガティブなイメージな気がしますが

この日に黒い服を着ていたり、黒い服で出かける=恋人が居ないという事を表すので
これを名目にした合コンなども行われていたりと出会いのチャンスとして
韓国の人たちは楽しんでいるようです。

ちなみに日本では、4月14日に夫婦の愛や絆を確かなものにするため
オレンジやオレンジ色のプレゼントを贈り合う「オレンジデー」なるものが
制定されているようです。

気分的にはオレンジが良いですが、雰囲気的にはブラックデーも楽しそうですね。
気になった方は是非調べてみてください。

今月も最後までお読みいただきありがとうございます。

次回は5月上旬に配信予定です。
お問い合わせ、配信停止希望はコチラ>>!

【AfterWord】3月

早いものでもう3月です。
3月と言えばひな祭り。
ひな祭りと言えば童謡の「うれしいひなまつり」が有名で、
よく小学生に替え歌にされますが、この曲が60年代にメキシコやアメリカでも替え歌され、
広く知られているのはご存知でしょうか?
ロス・パンチョスの「POBRES HUERFANITOS」という楽曲です。
内容は親のいない子供たちがクリスマスだけは喜べる。といった悲しい内容です。
邦題も「悲しきみなしご」です。

作詞をされたサトウハチロー氏が娘にあてた歌詞とも実姉が嫁ぎ先が決まったのに、
18歳で結核を患い他界した際の鎮魂歌とも言われています。
しかもサトウハチロー氏は歌詞の不正確さに後々気づき晩年までこの曲が嫌いだったそうです。
具体的には「♪お内裏様とお雛様♪」とありますが、
正確には男雛と女雛だそうです。
お雛様は一対を指すらしく、お内裏様も天皇陛下の私的空間を指すので、
合計二対の四体になります。
正しくは単純に「お殿様とお姫様」で良かったみたいです。

雑学も一つ増えたところで今月のメルマガ終わりたいと思います。
それでは最後にメキシコのヒットチューン、
ロス・パンチョスで「悲しきみなしご」でお別れです。
https://www.youtube.com/watch?v=TKx6_mPfzkA

次回は4月上旬に配信予定です。
お問い合わせ、配信停止希望はコチラ>>!

【After Word】2月

今回のメールマガジンいかがでしたでしょうか。

暖冬が続いたため寒暖の差がとても激しく、毎朝布団から出る事に一苦労してしまいます。
暖かい季節が待ち遠しいです。

今月16日には第58回グラミー賞受賞式が行われます。
今回はケンドリック・ラマーが9部門11ノミネートされており最多になっています。
これは1983年に12部門にノミネートされたマイケル・ジャクソンに次ぐ
ノミネート数だそうです。
アメリカのオバマ大統領が2015年のフェイバリットとして彼の曲を挙げたり、
先日残念ながら亡くなってしまったデヴィッド・ボウイが最後のアルバム制作の際に
彼の音楽にインスパイアされたと語っていたり、大変評価の高いアーティストです。
ピッチフォークでも彼の「トゥ・ピンプ・ア・バタフライ」が2015年のベストアルバムとして
選出されていました。
 
授賞式当日には様々なアーティストがパフォーマンスを行います。
結果も楽しみですがパフォーマンスも楽しみですね。

それでは今月はこの辺で。
来月のメールマガジンもよろしくお願い致します。

お問い合わせ、配信停止希望はコチラ>>

【After Word】1月

2016年になりました。

今年の予定は
1月からマイナンバーが運用開始され、
鎌倉の大仏の保存・修理が半世紀ぶりに行われ、
台湾では総統選挙。
3月には北海道新幹線が開業し、イギリスのワンダイレクションは活動停止。
ニュージーランドでは国旗の変更について国民投票が行われるそうです。
4月1日からは電力の自由化。ディズニーの新作映画も4月に公開予定。
5月には伊勢志摩でG8サミット。
6月には日本人宇宙飛行士の大西卓哉さんが宇宙へ。
7月には18歳から投票できる初めての参議院議員選挙。
8月5日にはブラジルでリオ・オリンピック開幕。11日は新しい祝日の「山の日」
10月には日本バスケットボールリーグ「Bリーグ」開幕。
11月にはアメリカで大統領選挙。

現在分かっているものを列挙するだけでなんだか疲れました。
早くも今年が終わったかのような気分です。
一寸先は闇とも言いますが結構予定は決まっております。

最後になりましたが、
2016年もステップをよろしくお願いいたします!

お問い合わせ、配信停止希望はコチラ>>!!

【After Word】12月

気がつけば、2015年もそろそろ終わります。
今年一年間私たちが経験する事が出来た事を振り返りながら、
様々な良い出会いに感謝しています。

さて、ワインの話になりますが、
11月第3木曜日に、今年のブドウの出来栄えをチェックする、
ボジョレーヌーボーの解禁がありました。
日本が先進国の中で最も解禁日が早い、という事で毎年盛り上がってますよね。

そもそもボジョレーヌーボーはフランスのブルゴーニュ地方の南部に広がる
ボジョレー地区において、黒ぶどう「ガメイ種」から作られる新酒です。
「マセラシオン・カルボニック」という、通常のワインよりも渋みや苦みが少ない製法で、
その分短時間で、味わいもとてもフレッシュに仕上がります。

ちなみに、ボジョレーヌーボーには航空便と船便があるのをご存知でしょうか?

11月の解禁日に間に合うように送られるのが航空便です。
輸送時間はトータルで5日間です。
飛行機内で低温で熟成が進みにくい状況で輸送され、恐らく一般的に楽しまれる
ボジョレーの味の基準はこちらになると思います。

それに対し、船便は輸送時の温度は15度前後で保たれ、少しずつ熟成されながら、
約1ヶ月半〜2ヶ月かけて輸送されますので、ボジョレーヌーボーの到着は、
早くて12月下旬、という事になります。
船便のボジョレーヌーボーは熟成が進んだ分味がまろやかになり、楽しみ方が変わります。
さらに、販売価格も航空便よりも半額近い値段で、大変お手頃です。
ちなみに通常のワイン輸送手段は圧倒的にコスト面で船便が優位という事もあり、
こちらがメインになります。

そんなワインの様に、その時期にでしか味わえないもの事を楽しむのも素晴らしいですが、
ゆっくりと時間の経過と共に、熟成された味を良いタイミングで味わう、
という事もまた素晴らしいと思います。

今年もたくさんの「今年でなければ味わえない事」を経験させて頂きました。
それが来年、再来年、と時を刻む中、熟成されていくであろう経験の過程としてもあり、
また新しい出会い、経験となっていく事を願い、日々精進していく所存であります。

少し早いですが、本年も大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

次回は年明け、2016年1月上旬の配信予定です。
お問い合わせ、配信停止希望はコチラへ>>